農地や山林の相続の記事一覧- Page 2 of 2 - 農地・山林って相続ではどうなるの?

HOME » 農地や山林の相続

農地や山林の相続

山地の相続の難しさ

弁護士等の専門家の元には、相続の相談に訪れる人が後を絶ちません。
でも相続の相談に来る人の多くはお金持ちばかりで、自分には関係ないと思っている方も多いでしょう。
しかし相談に来る多くの方は、「相続するような財産は無い」と思い込んでいる方です。
≫ 『山地の相続の難しさ』

山地の種類と評価

「山林」と一言で言っても色んな種類があり、種類によって評価の出し方は大きく変わります。
山地や山林だけに限った話ではありませんが、相続税を割り出すには評価を弾き出す必要があります。
ではどのようにして評価を出して相続税を割り出すのか、種類ごとに見ていきましょう。
≫ 『山地の種類と評価』

農地の評価と種類

農地にかかる相続税が幾らになるのかは、農地の評価にかかっていると言っても過言ではありません。
でも実際にどのように評価されているのかは、いまいちよく分からない部分もあるかと思います。
そこで農地評価の方法について取り上げます。
≫ 『農地の評価と種類』

山地の評価方法

相続する山地や山林にかかる相続税は幾らかかるのかは、山地の評価がどうなっているのかを知る必要があります。
ただ土地が広い所となると、相続税もかなりかかるかと心配になる方もいらっしゃるでしょう。
そこで簡単ではありますが、山地の評価の方法について取り上げます。
ただ山地と一言で言っても色々ありますが、山林を例にして説明します。
≫ 『山地の評価方法』

農地の評価方法

相続する農地の評価が如何ほどのものかは、中々分かりづらい部分もあるでしょう。
手っ取り早く知るには専門家に相談するのが1番ですが、ご自分でもある程度の方法は知っておいた方が良いかと思います。
ではどのようにして農地が評価されるのか、取り上げます。
≫ 『農地の評価方法』

山地の相続について

山地や山林も、相続財産に含まれます。
都会暮らしが長いから流石に山地を所有していないと思っている方も多いかもしれませんが、後になって所有していたという話は実は珍しくありません。
自分には全く関係の無い話だと思いきや、実は深く関係していることも十分に考えられます。
≫ 『山地の相続について』

農地の相続税

日本での農地や採草放牧地の取扱いは、農地法と呼ばれる法律で定められています。
もし所有している農地を別の人に譲る場合、つまり名義書き換えを行う際には農地法の許可を得なければいけません。
もし許可が必要無く自由自在に手放せるようになれば、農業を辞める人が多くなってしまう恐れがあります。
だからこそ手放す際には、国から許可を貰う必要があるという訳です。
≫ 『農地の相続税』