相続人の決まり方 - 農地・山林って相続ではどうなるの?

HOME » 農地や山林の相続 » 相続人の決まり方

相続人の決まり方

農地や山林は少し特殊な資産となりますが、これの相続人は誰に決まるのか、遺族にとっては気になることでしょう。
その相続人の決まり方は、一般の相続時と特に変わりありません。
つまり農地や山林があっても、被相続人の配偶者や血縁者が相続人に決まります。

最優先で相続人に決まるのは、被相続人の子孫です。
相続が起きた時点で生存している子供や孫がいる場合は、その子孫と配偶者が相続人に確定します。
子供の孫の両方がいれば子供が、子供が先に亡くなって孫が生きている場合は孫が相続人となるなど、被相続人に一番近い子孫が相続人となるのです。

もし子供がいなければ、被相続人の先祖が相続人に決まります。
両親と祖父母の両方が生きていれば、相続人になるのは両親です。
先の子孫の場合と同じく、被相続人により近い相手が相続人となります。
これらの人たちで生きている人がいれば、被相続人の配偶者と一緒に相続人へ確定します。

このように子孫も先祖も誰もいないときは、被相続人の兄弟姉妹が対象になります。
兄弟姉妹ならいるときは、被相続人の配偶者と一緒に兄弟姉妹が相続人となるのです。

このように相続人の決り方は被相続人との関係で決まります。
一度決まった相続人には、被相続人が持っていた資産を引き継ぐ権利があります。
これを放棄しない限りは、どんな遺産でも自動的に所有者が移転しますから注意しましょう。
それがたとえ農地・山林といった特殊な遺産であっても例外はないからです。

農地や山林を所有しているのは、農業や林業をやっている人になるのが基本です。
それ以外の人で普通にサラリーマンなどしている人が、農地や山林を所有しているというケースはどちらかというと少ないです。
それは農地や山林の管理が兼業では難しいからという事情も大きいでしょう。

また、農地や山林は不動産ですから、その財産の近くに管理者が住んでいないと、活用も管理も難しいのが実情です。
このような事情で農業や林業に携わる人以外がこれら資産を持っていることは少ないのですが、相続では都会でサラリーマンをやっている人にもこれら資産が相続されることがあり得ます。

農地や山林も、扱いとしては被相続人が残した現金や預金と同じで、相続人に確定した人へと自動的に受け継がれる遺産になることはよく確認しておきましょう。
そしてこれらは一度相続すると固定資産税が毎年かかりますし、処分しようと思っても買い手が見つかりにくい不動産です。
農業や林業のノウハウがない人が今回の相続人に確定するなら、その相続をどうするか、通常以上によく考えるといいでしょう。