農地の相続 - 農地・山林って相続ではどうなるの?

HOME » 農地や山林の相続 » 農地の相続

農地の相続

遺産相続の対象となる財産の中に農地がありますが、実はこの農地を相続する場合一般的な土地を相続するのとは全然違ってきます。

よく親が農地を持っていたが、自分はまったくその扱い方が分からず、相続することになったもののどのようにしていいのか分からないという声を聞きます。

そこで今回は農地の相続の際に知っておきたいことをお伝えしていきますので、該当する方は目を通してみてください。

まずはじめに一般的な土地とは違って農地には農地法という独自の法律が適用されるため、売却や買取に制限があったり、農地を開拓して宅地に変更するためには許可を得る必要があるのです。

したがって一般的な土地のように相続したからそこにアパートやマンションを建てたり、人に貸して建物を建てさせたりといったことをすぐにできるものではありません。

また、農地と記載されていない土地でも農地に該当する場合があり、たとえばそこで耕作を行っていた場合は農地とされることがありますのでこの点は注意すべきと言えるでしょう。

そして土地を他者へ譲るときには名義変更を行いますが、農地の名義変更をするためには農地法の許可が必要になります。


許可が出ない限りは名義変更ができないのは、農業を簡単にやめられてしまっては困るからです。
しかし今回のように遺産相続によって農地を相続する場合は、遺産相続と言う正当な理由がありますので、農地法の許可がなくても名義変更が可能です。

つまり農地の相続には農地法の許可が必要ありませんので、相続の届出のみとなりますが、届出を行うときには必要な情報を揃えて申請を行ってください。

農地の相続に必要な情報は「権利を取得した人の氏名・住所・届出にかかわる土地の所在等・権利を取得した日・権利を取得した事由・取得した権利の種類と内容・農業委員会による斡旋等の希望の有無です。

農地法の届出を行ったら、あとは相続登記(名義変更)を行って完了になりますが、ここまでの一連の流れを相続人一人でやるのはなかなか難しい面もありますので、できれば専門家に相談しながら進めて行くほうがいいでしょう。

最近ではインターネット上で簡単に相続に関する相談ができますし、基本的に相談だけなら無料なのでいくつか専門家に話を聞いてみてこの人なら信頼して任せられるという人に依頼してください。

また、相続した農地を売却するときには農地法の許可が必要になりますから、遺産相続のときとは違った手続きも必要になります。