農地や山林の相続の記事一覧 - 農地・山林って相続ではどうなるの?

HOME » 農地や山林の相続

農地や山林の相続

相続の放棄

農地や山林などの特殊な資産を含む相続が起きたとき、これらを仮に相続しても扱い方がわからず、むしろデメリットの方が大きいと思えば、放棄を考えるのもおすすめです。
放棄すると、今回の相続で対象になっている遺産を一切相続しないことになります。
扱いに困る農地や山林について、対応を考える必要がなくなります。

もし放棄した場合、この農地や山林は誰が相続するのかというと、ほかに相続人がいる場合は、その人たちです。
相続放棄は各相続人が個別に選べるもので、ある方が放棄しても、別の相続人の相続には影響ありません。
その放棄した方を除いて遺産分割協議を行い、遺産を相続します。

ですから農地や山林の扱いに困って放棄した場合、自分一人が個人的に相続を辞退する形になるのです。
ほかの相続人が困ることはそれほどありませんから、農地や山林の相続にあまり気が進まないときは、放棄も考えてみるといいでしょう。

ところで農地や山林はやや特殊な資産にはなりますが、少なくとも資産の一つにはなります。
これを相続するのと放棄するのとでは、どちらが一般的にお得なのかというと、まずこれら土地を必要とする方は、もちろん相続した方が基本的にはお得です。
たとえば農業や林業をやっている方は、これら土地がないと仕事にならないため、特別な事情がなければ基本的に相続する方が多いです。

しかし最近は親が農業や林業をやっていても、子供は都会で勤め人をやっているケースもよくありますから、農業や林業をやっていない方がこれらを相続する機会もあるでしょう。
このときはどうかというと、その土地の管理や転用ができるかどうかがポイントです。
農業や林業をやる予定がなくても、土地を別の目的のために転用できそうなら、相続した方がお得なケースもよくあります。

しかし農地など特にそうですが、これらは別の用途への転用が難しいこともあります。
農業や山林以外に使い道がない土地の場合、農業や林業に関わる方以外が相続すると、管理の手間や維持費の方が高くつく場合もあるのです。
売りに出そうにも、これらが一般の土地と同じように売れるとは限りません。
このような場合は、最初から放棄するのがお得となる場合もあります。

ただし、どちらになるのかはその土地のケースによります。
どちらなのか判断が難しければ、農地や山林の運用に詳しい専門家に相談のうえで判断するのがおすすめです。
なお、相続の放棄はいつでもできるのではなく、相続の開始を知ってから3か月以内と決まっています。
この期限を過ぎると単純にすべての遺産を相続したとみなされますから、放棄を考えているときは早めに対応することが肝心です。

相続時の注意

遺産相続の対象になっている財産は非常に種類が多く、すぐに把握することはなかなか難しいと言われています。
対象になる財産にはプラスの財産とマイナスの財産があって、これらはそれぞれ相続者たちで分け合うことになります。
≫ 『相続時の注意』

相続時の分割


相続が起きたとき、相続人は複数人いるケースが多いです。
このときは全員が遺産を受け取れるように、被相続人の財産を分割するケースが大半です。
これが現金や預金なら分割も簡単でしょうが、農地や山林のような特殊な遺産の場合、分割が困難な例も多いです。
≫ 『相続時の分割』

相続人の決まり方

農地や山林は少し特殊な資産となりますが、これの相続人は誰に決まるのか、遺族にとっては気になることでしょう。
その相続人の決まり方は、一般の相続時と特に変わりありません。
つまり農地や山林があっても、被相続人の配偶者や血縁者が相続人に決まります。
≫ 『相続人の決まり方』

農地や山林の相続

遺産相続がスタートするのは被相続人が亡くなったその日からで、そこからいろいろなことをしなければなりません。
まず最初にやることと言えば遺産と相続人を明確にすることで、それが終わったら遺産をそれぞれ評価していき、遺産分割協議に備えるというのが一般的でしょう。

遺言書が残されている場合はその内容に沿って進めていけばいいので、裁判所での検認を終えたら記載されている内容に沿って進めていけばいいので遺産分割協議は必要ありません。
そして遺産の評価をする場合、預貯金などの現金のように分かりやすいものだけであれば遺産分割もしやすいのですが、不動産が残されている場合は評価を専門家に依頼する必要があります。
≫ 『農地や山林の相続』

会社員でも農地を相続できる?

遺産相続の代表的な財産の中には不動産があげられ、自宅の戸建て住宅やマンション、アパート、オフィス、店舗、土地、借地権、借家権など不動産とその権利関係はすべて相続対象になります。
しかし相続対象となる不動産の中には少しややこしい土地もあって、それが農地です。

農地は一般的な土地とは違って農地法という法律で管理されており、通常の不動産のように相続することができませんので注意が必要です。
まず農地法とはどんな法律かと言うと、簡単に言えば農地を守ろうというもので、農地法第2条の2によると「農地について所有権又は賃借権その他の使用及び収益を目的とする権利を有する者は、当該農地の農業上の適正かつ効率的な利用を確保するようにしなければならない。」と定められていますし、農地法第30条~第44条では農業委員会が年に1回農地の利用状況調査を行って耕作を放棄した農地を把握し、その農地の所有者等に対して指導等を行うとされています。

≫ 『会社員でも農地を相続できる?』

農地の名義変更


遺産相続では土地が相続財産となることが多く、その際には名義変更が必要になりますが、それが一般的な土地ではなく農地の場合少し異なる部分がありますので注意が必要です。
そこで今回は農地を相続するときの名義変更について説明していきますので、これから農地を相続する可能性のある人は参考にしてください。
≫ 『農地の名義変更』

農地の相続には農地法がかかわっている

遺産相続は非常にたくさんの種類の財産が対象になりますが、中でも土地や建物といった不動産は大きな財産なのでしっかりと手続き方法を理解しておかなければなりません。

そして少しやっかいなのが農地の相続で、これは一見土地と同じじゃないの?と思われるかもしれませんが、農地は農地法という法律で管理されているため一般的な土地とは異なる流れで相続することになります。

≫ 『農地の相続には農地法がかかわっている』

農地の相続

遺産相続の対象となる財産の中に農地がありますが、実はこの農地を相続する場合一般的な土地を相続するのとは全然違ってきます。

よく親が農地を持っていたが、自分はまったくその扱い方が分からず、相続することになったもののどのようにしていいのか分からないという声を聞きます。

そこで今回は農地の相続の際に知っておきたいことをお伝えしていきますので、該当する方は目を通してみてください。

≫ 『農地の相続』

農地の納税猶予

遺産相続によって農地を相続した場合、納税の猶予の特例を受けられることがあります。
たとえば被相続人が営んでいた農業や特定貸し付けを行っていた被相続人から一定の農地などを相続して引き続き農業を営む場合や、特定貸し付けを行う場合には農地などの価格のうち農業投資価格による価額を超える部分に対応する相続税額は、相続した農地などを相続人が農業を営んでいる・あるいは特定貸し付けを行っている限り納税が猶予されるとされています。
また、猶予される相続税額を「農地等納税猶予税額」と言い、国税庁のホームページによると農地等納税猶予税額は以下ののいずれかに該当すると納税が免除されことになっています。

1:特例の適用を受けた農業相続人が死亡した場合。
2:特例の適用を受けた農業相続人が特例農地等(この特例の適用を受ける農地等をいいます。)の全部を租税特別措置法第70条の4の規定に基づき農業の後継者に生前一括贈与した場合(特定貸付けを行っていない相続人に限ります。)
3:特例の適用を受けた農業相続人が相続税の申告書の提出期限から農業を20年間継続した場合(市街化区域内農地等に対応する農地等納税猶予税額の部分に限ります。)※特例農地等のうちに都市営農農地等を有しない相続人に限ります。

さらに特例を受けるための条件は「死亡の日まで被相続人が農業を営んでいたこと」など被相続人関する要件、「相続税の申告期限までに農業経営を開始してその後も引き続き農業経営を行うと認められる」など農業相続人に関する要件、「被相続人が農業の用に供していた農地等で相続税の申告期限までに遺産分割されたもの」など特例農地などに関する要件があります。

特例を受けるための手続きは、相続税の申告手続きの際に定められた事項を記載して期限内に提出し、猶予税額及び利子税の額に見合う担保を用意しなければなりません。
また納税猶予期間中の継続の届出は相続税の申告期限から3年ごとに継続届出書を提出する必要があります。

このように農地の納税猶予はいろいろな条件が含まれていますが、簡単に言えば条件に当てはまる相続人はそれに見合う担保などを用意できれば猶予申請ができるということです。
この点はほかの遺産も相続しているとまた違ってくることもありますので、自分だけで進めて行くよりも専門家の力を借りたほうがスムーズになりますので、遺産相続を開始する時点で税理士などに間に入ってもらうといいでしょう。