相続時に分割協議は必要? - 農地・山林って相続ではどうなるの?

HOME » 農地の相続手続き » 相続時に分割協議は必要?

相続時に分割協議は必要?

農地や山林は少し特殊な資産となり、農業や林業に関わっていない方が相続により取得しても、あまりメリットを感じることは少ないでしょう。
その上、相続人の中に農業や林業を受け継ぐ方がいる場合、その方が農地や山林をすべて相続するのが自然となります。
山地や農林などが対象になっているとき、その分割協議は必要ないように思えるかもしれませんが、これは必要です。

遺産相続をするときの基本として、その遺産の分け方は全員で分割協議を行い、全員の合意を取る必要があります。
これは現金や預金など、よくある一般的な遺産だけの話ではありません。
農地や山林など、やや特殊な資産が相続の対象になっているときでも共通です。

ここで何を話し合うのかというと、相続人の誰が何を、どれだけ相続するのかです。
これは基本的に相続人同士の話し合いで決めますから、農地や山林があるときも、この手続きを踏まないといけません。
このときに他の相続人より、その農地や山林の分割を要求されることもありえます。
その相手が農業や林業に関わっているとは限りません。
単純に相続人の権利を行使し、取得できる資産をできるだけ取得しようと、そのような要求が行われる可能性はあります。

特にその相続で、主な遺産が農地や山林などしかない場合、相続人にとってはそれしか取得できる財産がないため、たとえそれがやや特殊な資産だったとしても、分割要求がされる可能性は高くなります。
農業や林業を営んでいる相続人がおり、できればこれら土地の分割を避けたい場合は、しっかりこの分割協議でそのことを伝え、他の相続人に納得してもらうしかありません。

しかし相続人に確定した方には、遺留分という最低限保護されている財産相続の権利があります。
法定相続分よりは量が少なくなりますが、この遺留分の請求がされたら、その量を侵害している他の相続人は、規定の量までの財産を分け与えねばなりません。

これがあるため、分割協議で本当に納得してもらえないと、その農地や山林を分割せざるを得なくなることも多いです。
これを避けるためには、その協議で代わりに金銭を支払うことを提案するといいでしょう。
農業や林業を受け継ぐ相続人がその土地をすべて引き継ぐ代わり、その他の相続人に法定相続分相当の金銭を支払うことで、この土地の分割を避けるという方法です。

他の相続人が農業や林業に関わらない場合、相続財産としては土地よりも金銭の方が喜ばれることも多く、この方法で合意が取れることも多いです。
このように農地や山林も相続時には通常通り、分割協議が必要になることはよく覚えておきましょう。