農地の相続について - 農地・山林って相続ではどうなるの?

HOME » 農地の相続手続き » 農地の相続について

農地の相続について

遺産相続の対象となる財産にはいろいろなものがありますが、その中でも特に多いのが不動産関係です。
不動産関係の財産と聞くと自身にメリットになることばかりがイメージできますが、必ずしもそうではありません。

その代表的なものが農地で、農地は通常の土地の相続とは違って、少しややこしい面もありますから相続者たちから嫌がられることも少なくないのです。
まず一般的な土地の相続の場合は土地の評価を行い、その結果出た金額を相続することになりますので遺産分割協議において誰が相続するのか、また共同相続となるのか単独相続になるのかなどを決めます。

相続人が決まったらあとは各相続人が相続登記をして名義変更を行い、相続税がかかる場合は被相続人が亡くなってから10カ月以内のところで申告をします。
ここまでが終わればあとは相続人自身の財産になりますので、マンションやアパートを建ててもいいですし駐車場にして人に貸し出しても構いません。

しかし農地を相続する場合はこのように進めていくことができず、苦労する点も多いのです。
なぜなら農地は農業委員会によって管理されているため、相続すること自体はそれほど問題点はないものの、名義変更をしたときにはそれを届出なければなりません。

また、農地を相続した場合、それを維持していかなければなりませんから、そのための専門知識や耕具を揃えるコストなども必要になりますので維持していくのが大変になります。
なぜ農地が農業委員会によって管理されているかと言うと、農業を守りたい、できるだけ自国の生産性を増やしたいという意識の表れからくるものなのです。

それでも実際に相続したところで放置してしまっては害虫がわいてしまったり、悪臭によって近所迷惑になってしまう可能性もありますから農業の経験がない人が相続するのは現実的ではありません。
したがって農地を相続する場合はそれを転用するのが一番良い方法で、転用するためにはまず農業委員会の許可を得なければなりません。

自身が農業の経験がないこと、相続することを伝えれば基本的に認められますので、もし農業未経験で相続するのであれば現実的に考えて転用するのが最善策でしょう。
ただし農地の転用を許可されるかどうかは農地がどの種類に属しているかによって異なり、農地には農用地区域内農地・甲種農地・第1種農地・第2種農地・第3種農地と全部で5種類あって、そのうち転用を許可されるのは第2種農地と第3種農地のみです。