農地をスムーズに相続する - 農地・山林って相続ではどうなるの?

HOME » 農地の相続手続き » 農地をスムーズに相続する

農地をスムーズに相続する

農地は遺産相続のときに対象となる財産のひとつですが、ほかの財産と比べて少し異質なところがあります。
一般的に農地は土地のひとつとして分類されるため、土地と同じような扱いで良いのでは?と思われるかもしれません。
しかし農地は農地法と呼ばれる独自の法律で管理されているため、たとえば耕作目的で売買や贈与による農地の所有権を移転させてしまった場合や、農地に賃借権や使用貸借権を設定したりするためには農業委員会や各都道府県知事の許可が必要になります。

もし許可を受けないで農地を売買したり、貸し借りしたとしてもそれは無効になってしまいますから注意しなければなりません。
農地は自国での生産性を高めるうえで非常に重要な土地ですし、それを違うものに変えてしまうのは国にとっても痛手になりますから、農地法によって管理されているのでしょう。
ただ相続自体は農地法の許可は必要ありませんので、相続するからと言って難しく考える必要はありませんから、相続することが決まったら農地のある地域の管轄の農業委員会へ届け出てください。

それではスムーズに農地を相続するためにはどんなことが重要かと言うと、ひと言で言えばスケジュールをしっかり決めておくことです。
農地に限らず土地を相続するためにはまず土地の評価を出さなければなりませんから、専門家に依頼して現在どのくらいの価値があるのかを確かめます。
それが明確になったうえで法定相続人が集まって遺産分割協議を行い、誰が相続するのかを決めます。
同時に先ほどからお伝えしているような農地法についても調べておき、相続するうえで何をしなければならないのかも理解しておく必要があるでしょう。

専門家に頼らなくても自分たちでできるのでは?と思う人いるかもしれませんが、遺産相続はほとんどの人が1回、2回程度の経験しかありませんので、あまり知識がない状態です。
普段から法律的な知識や税金に関する知識を蓄えていればいいと思いますが、そうでない限りは相続税は税理士に任せたほうがいいですし土地などの評価は不動産関係者に任せたほうが確実です。

相続税が発生するとなると正確な申告が必要になりますから、当然評価もしっかりやらなければなりませんし、万が一申告漏れになってしまうとペナルティがあります。
また、相続税は現金で一括払いが基本になりますから、土地を相続するとなるとすぐに現金化することもできませんし、自分のお金で納めなければなりません。